まるさんの資料置場

本に囲まれ 資料に埋もれ。。。じゃ、紙の削減ね。

「黒猫」 著:島木健作

 病氣が少しよくなり、寝ながら本を讀むことができるやうになつた時、最初に手にしたものは旅行記であつた。以前から旅行記は好きだつたが、好きなわりにはどれほども讀んでいなかつた。人と話し合つて見ても旅行記は案外讀まれてゐず、少くともある種の随筆などとはくらべものにはならぬやうであつた。自分にとつて生涯關係のありさうにもない土地の紀行など興味もなし、讀んで見たところで全然知らぬ土地が生き生きと感ぜられるやうな筆は稀だし、あるなつかしさから曾遊の地に關したものを讀むが、それはまたこつちが知つているだけにアラが眼につく、さういふのが共通の意見であるやうだった。私自身も紀行の類を書きながら、かういふものを一體誰が讀むだらう、さう思つて自信を失つたおぼえがある。それが今度長く寝ついて、誰よりも熱心な旅行記の讀者は病人にちがひないといふことを信ずるやうになつた。

 私は間宮倫宗を讀み松浦武四郎を讀み、菅江真澄を讀んだ。ゲーテを讀み、シーボルトを讀み、スウェン・ヘディンを讀んだ。明治以後の文人のものは誰彼を問はず、家にあるものを散讀した。さうして幾らもないそれらの本が盡きてしまふと、地理學の雑誌を枕もとにならべさせた。私は地理學の雑誌を何年も前から繼續して取つてゐて、今まではただ重ねてあるだけだつたが、この機会にこれらの頁を漫然と繰りひろげてゐると、これ以上の樂しみはないやうに思はれて來た。

 それの近頃の號にある博士の樺太旅行談が連載されてゐてそれが私には面白かつた。そのなかの絶滅せんとしつつある樺太オオヤマネコの話、といふのが強く私の空想を刺戟した。樺太の大山猫は明治四十一年、大正元年、昭和五年、の三度捕獲されたが、それ以後は絶滅したものと思はれてゐた。それが昭和十六年の二月になつて、又も野田といふ所にとらはれた。この時の奴は雌だつた。獵師が獵犬を差し向けると逆に犬の方が追ひまくられてしまつた。獵師が驚いて鐵砲を構へると、大山猫はいきなり樹の上から下の獵師目がけて小便をひつかけたとゐふのである。私はこの簡単な記事を繰り返し讀み、挿入されてゐる大山猫の寫眞を飽かず眺めた。寫眞の大山猫は明治大正の頃に捕獲されたものの剥製で、顔つきなど實物とはまるでちがつてしまつてゐるといふ。が、それでも熊をも倒すといはれる精悍さ、獰猛さはうかがはれぬことはなかつた。頭と胴とで一米に近く、毛色は赤味を帯びた暗灰色で、圓形の暗色暗色斑文が散らばつてゐるといふ。毛は長くはないが、いかにももつさりと厚い感じだ。口は頬までも裂けてゐさうだ。頬には一束の毛が總のやうに叢がつてゐる。髭は白く太い。――しかしその獰猛さを一番に語つてゐさうなのは、しなやかな丸太棒とでもいひたいやうなその四肢だつた。足は上が太く、足首に至るに従つて細くなるといふのが何に限らず普通だろう。足首の太いものは行動の敏活を缼くなどともいはれてゐる。ところが大山猫の四肢は上から下までが殆ど同じ太さで、しかも胴体に比べて恐ろしく太く且つ長い。それが少しも鈍重な感を與へぬばかりか、弾力ある兇猛な力を感じさせる。彼はかういう四肢をもつて殆ど音もさせずに歩く。そしてその足指の陰には熊の剛毛をさへも引き裂くべき、剃刀のやうな鈎爪がかくされてゐる。

 私はかういふ剽悍な奴が、眼をランランと光らせて、樺太の密林のなかを彷徨してゐる姿を想像した。樺太全土にもはや一頭ゐるか二頭ゐるかわからない、絶滅に瀕している、一族の最後のものなのである。何という孤獨であらう! しかしそこには孤獨につきまとふ侘しげな影は微塵もない。あるものはただ傲然たる気位である。満々たる闘志である。彼はいかなる場合にも森の王者たるの氣位を失はない。萬物の靈長たる人間が、鐵砲を差し向けた時、彼は逃げなかつた。その最大の武器たる鈎爪を研いで正面から立ち向ふことさへもしなかつた。彼は人間の頭上から、後肢を持ち上げて小便を引つかけるに止まつたのである! 鐵砲を持つた人間などは彼にとつてその程度のものにしか値しなかつたのである。

 私は思わず破顔した。オオヤマネコは孤獨な病者である私に最大の慰めを與えた。私は凜とした、ひきしまつた感じを受けた。殆ど精神的な感動とさへいつてよかつた。

 同じ記事のなかに海豹島のオットセイの話も出てゐて、これは大山猫とは全然正反対な、生めよ殖せよの極致だつた。ここにあるものは生殖のための血だらけな格闘だつた。私はいつか映畫でオットセイの群棲を見たことがある。鰭のやうな手足でバタバタはねる恰好や、病牛の遠吠のやうな聲を思ひ出すうちに本当に嘔吐をもよおして來た。膃肭といふやうな文字そのもの、ハーレムという語感そのものが、堪へがたくいやらしかつた。

 オオヤマネコに感動してまだ幾日もたたぬうちに、一介の野良猫にすぎぬが、その倨傲な風格において、一脈相通じるところのある奴が我が家の内外に出没することになつたのは愉快だつた。

 この二三年來、家のまはりをうろうろする犬や猫が目立つてふえて來た。人間の食糧事情が及ぼした影響の一つであることはいふまでもない。生れながらの宿なしもあるが、最近まで主人持ちであつたというものも多い。彼等は實にひどく尾羽うち枯らしている。曾つて主人持ちであつたものがことにひどい。犬と猫とでは犬の方がひどい。要するに人間に諂つて暮らすことに慣れて來たものほど落ちぶれ方がみじめなのである。彼等はゴミためを漁りにやって來るが、もはやそのゴミためといふものさへも人間の家にはないのである。それでも彼等は毎日根氣よくやつて來ては庭先や臺所口をうろうろする。生垣の隅は幾らふさいでも必ずいつのまにか穴になる。百度狙ううちには一度ぐらゐは臺所のものを銜へ込むことができると思つてゐるのだらう。それに彼等は秋の日の日向ぼつこといふこともあるらしい。彼等を一番憎んでいるのは母であつた。庭の畑作りは母の為事であり、彼等は畑を踏み荒すからである。

 私はその頃一日に十五分ぐらゐは庭に出られるやうになつてゐた。私も庭に出て彼等を見ることは嫌ひだつた。私はわけても犬を好かない。主人持ちでゐた時には、その家の前を通つたといふだけで吠えついたこともある奴が、今はさも馴れ馴れしげに尾など振つて近づいてくる。それでいて絶えずこつちの顔いろをうかがつてゐいる。こつちの無言の敵意を感ずると、尾をぺたつと尻の間にはさんで、よろけるやうに逃げてゆく。さうして腐つた落ち柿などを食つている。猫は彼等ほど卑屈ではないがコソ泥以上に圖々しくなつてしまつた。人間がゐることなどは平氣で家のなかを狙ふ。畳の上に足跡をつけて部屋を駆け抜ける。昔を思ひ出してか座蒲團の上に長まつてゐたりする。そのくせ人間の眼を見ると必ず逃げる。

 そんな時に彼奴が現れたのだ。
 其奴の前身は誰も知らなかつた。大きな、黒い雄猫である。ざらにいる猫の一倍半の大きさはある。威厳のある、實に堂々たる顔をしてゐる。尾は短かい。歩き去る後姿を見ると、その短かい尾の下に、尻の間に、いかにもこりこりッとした感じの、何かの實のやうな大きな睾丸が二つ、ぶらぶらしない引き締つた風にならんでゐて、いかにも男性の象徴といふ感じであつた。缼點をいへばただ一つ、毛の色だつた。それが漆黒であつたら大したものだらう。しかし残念ながら黒猫とはいつても、灰色がかつたうすぎたなくよごれたやうな黒であつた。その色を見ると、やはり野良猫に成り下る運命にしかなかつたかと思はせる。

 彼は決して人間を恐れることをしなかつた。人間と眞正面に視線が逢つても逃げなかつた。家のなかに這入つて來はしなかつたが、たとへば二階の窓近く椅子を寄せて寝てゐる私のすぐ頭の屋根の上に來て、私の顔をじろりと見てから、自分もそこの日向にゆつたりと長まつたりする。私の氣持をのみこんでしまつてゐるのでもあるらしい。いつでも重々しくゆつくりと歩く。どこで食つてゐるのか、餓ゑてゐるにちがいなからうが、がつがつしてゐる風も見えない。臺所のものなども狙はぬらしい。
「いやに堂々とした奴だなあ。」と私は感心した。「何も取られたことはないかい?」
「いいえ、まだ何も。」と家のものは答えた。
「たまには何か食はせてやれよ。」と私は言った。世が世なら、飼つてやつてもいいとさえ思つた。
 郷里の町の人が上京のついでに鹽鮭を持つて來てくれた日の夜であつた。久しぶりに鹽引を燒くにほひが台所にこもつた。眞夜中に私は下の騒々しい物音に眼をさました。母も妻も起きて臺所にゐる声がする。間もなく妻が上つて來た。
「何だ?」
「猫なんです。臺所に押し込んで……」
「だつて戸締りはしつかりしてあるんだらう?」
「縁の下から、上げ板を押し上げて入つたんです。」
「何か取られたかい?」
「ええ、何も取られなかったけれど。丁度おばあさんが起きた時だつたので。」
「猫はどいつだい?」
「それがわからないの。あの虎猫じやないかと思ふんだけれど。」
 うろついてゐる猫は多かつたからどれともきめることはできなかつた。しかし黒猫に嫌疑をかけるものは誰もなかつた。
 次の晩も同じやうな騒ぎがあつた。
 それで母と妻とは上げ板の上にかなり大きな漬物石を上げておくことにした。所が猫はその晩、その漬物石さへも恐らくは頭で突き上げて侵入したのである。母が飛んでいつた時には、すでに彼の姿はなかつた。私は「深夜の怪盗」などと名づけて面白がつてゐた。しかし母と妻とはそれどころではなかつた。何よりも甚だしい睡眠の妨害だつた。

 そこで最初に、犯人の疑ひを、あの黒猫にかけはじめたのは母であつた。あれ程大きな石を突き上げて侵入してくるほどのものは容易ならぬ力の持主である。それはあの黒猫以外ではない、と母は確信を持つていふのである。
 それはたしかに理に合った主張だつた。しかし當の黒猫を見る時、私は半信半疑だつた。毎晩そんなことがあるその間に、晝には黒猫はいつもと少しも變らぬ姿を家の周囲に見せてゐるのである。どこからどこまで彼には少しも変つたところがなかつた。夜の犯人が彼だとしては、彼は餘りにも平氣すぎた、餘りにも悠々としすぎていた。私はある底意をこめた眼でぢーつと真正面から見てやつたが、彼はどこ吹く風といつたふうであった。
 しかし母は譲らなかった。

 或る晩、臺所に大きな物音がした。妻は驚いて飛び起きて駆け下りて行つた。いつもよりははげしい物音に私も思はず聴耳を立てた。音ははじめ臺所でし、それからとなりの風呂場に移つた。物の落ちる音、顛倒する音のなかに母と妻の叫ぶ聲がしてゐた。
 やがて音は鎮まつた。
「もうだいじやうぶ。あとはわたしがするからあんたはもう寝なさい。」
「大丈夫ですか?」
「だいじょうぶとも。いくらこいつでもこの縄はどうも出來やしまい。今晩はまアかうしておかう……やれやれとんだ人騒がせだ。」
 母の笑う聲がきこえた。
 妻が心もち青ざめた顔をして上つて來た。
「たうとうつかまえましたよ。」
「さうか、どいつだつた?」
「やつぱり、あの黒猫なんです。」
「へえ、さうか……」
「おばあさんが風呂場に押し込んで、棒で叩きつけて、ひるむところを取つておさへたんです。大へんでしたよ……あばれて……えらい力なんですもの。」
「さうだろう、あいつなら。……しかしさうかなあ、やつぱしあいつだつたかなあ……」
 猫は風呂場に縛りつけられてゐるという。母は自分でいいやうにするからといつてゐるという。若い者には手をつけさせたがらないのだが、さうでなくても妻などは恐がつてしまつてゐる。秋の夜はもうかなり冷える頃であつた。妻は寒さうにまた寢床に這入つた。
 私はすぐには眠れなかつた。やはり彼奴であつたとふうことが私を眠らせなかつた。そう意外だつたといふ氣もしなかったし、裏切られたといふ氣もしなかつた。何だか痛快なやうな笑ひのこみあげてくるやうな氣持だつた。それは彼の大膽不敵さに對するる歎稱であつたかも知れない。さういへば彼奴ははじめから終りまで鳴聲ひとつ立てなかつたぢやないか。私は今はじめてそのことに氣づいた。すぐ下の風呂場にかたくいましめられてゐる彼を想像した。母はもう寝に行つてしまつてゐる。風呂場からは聲もカタリとの物音もしなかつた。逃げたのではないかと思はれるほどであつた。
 翌朝母は風呂場から引きずり出して裏の立木に縛りつけた。
「お母さんはどうするつもりなんだ?」
「無論殺すつもりでせう。若いものは見るものでないといつて、わたしを寄せつけないやうになさるんです。」
 私は母に黒猫の命乞ひをしてみようかと思つた。私は彼はそれに値する奴だと思つた。私は彼のへつらわぬ孤傲に惹かれている。夜あれだけの事をして、晝間は毛筋ほどもその素ぶりを見せぬ、こつちの視線にみぢんもたじろがぬ、圖々しいといふ以上の胆の太さだけでも命乞ひをされる資格がある奴だと思つた。人間ならば當然一國一城のあるじである奴だ。それが野良猫になつてゐるのは運命のいたづらだ。毛の色がきたないといふ偶然が彼の運命を支配したので、そんなことは彼の知つたことではない。卑しい諂ひ蟲の仲間が温い寢床と食ふものを與へられて、彼のやうな奴が棄てられたといふことは人間の不名誉でさへある。しかも彼は落ちぶれても決して卑屈にならない。コソコソと臺所をうかがつたりしない。堂々と夜襲を敢行して、力の限り闘つて捕へられるやもはやじたばたせず、音もあげぬのである。

 しかし私は母に向つて言ひ出せなかった。現實の生活のなかでは私のそんな考へなどは、病人の贅澤にすぎなかつた。私はこの春にも母とちよつとした衝突をしたことがあつた。私の借家の庭には、柏やもみぢや桜や芭蕉や、そんな數本の立木がある。春から青葉の候にかけて、それらの立木の姿は美しく、私はそれらが見える所へまで病床を移して樂しんでゐた。それをある時母がそれらの立木の枝々を、惜し氣もなく見るもむざんなまでに刈り払ひ、ある木のごときは、ほとんど丸坊主にされてしまつたのだ。私は怒つた。そしてすぐに心であやまつた。母とても立木を愛さぬのではない。樹木の美を解さぬのではない。ただ母は自分が作つている菜園に陽光を惠まなければならないのだ。母はまがつた腰に鍬を取り、肥をかついで、狭い庭の隅々までも耕して畑にしてゐた。病人の息子に新鮮な野菜を與へたいだけの一心だつた。
 食物を狙ふ猫と人間の關係も、愛嬌のない争ひに轉化して來てゐることを残念ながら認めないわけにはいかなかつた。何か取られても昔のやうに、笑つてすましてゐることが出來難くなつて來ていた。妨害される夜の睡眠時間の三十分にしても、彼女等にとつては昔の三十分ではなかつた。病人の私が黒猫の野良猫ぶりが気に入つたからなどと、持ち出せる餘地はないのである。……それに一度かうこらしめられれば彼奴も懲りるだろう、といふ私の考へなども考えへてみればあまいと言はなければならなかつた。彼奴は無論そんな神妙な奴ではないだろう。

 午後、私はきまりの安静時間を取り、眠るともなしに少し眠つた。妻は配給物を取りに行つて手間取つて歸つて來た。私は覺めるとすぐにまた猫のことを思つた。母は天気のいい日の例で今日もやはり一日庭に出て土いぢりしてゐるらしかつた。私は耳をすましたが、裏には依然それらしい音は何もしなかつた。妻は二階へ上つてくるとすぐに言つた。
「おつ母さん、もう始末をなすつたんですね。今歸つて來て、芭蕉の下をひよいと見たら、莚でくるんであって、足の先がちょっと出てゐて……」
 妻は見るべからざるものを見たといふやうな顔をしてゐた。
 母はどんな手段を取つたものだらう。老人の感情は時としてひどくもろいが、時としては無感動で無感情である。母は老人らしい平氣さで處理したものであらう。それにしても彼はその最後の時においてさえ、ぎゃーッとも叫ばなかつたのだろうか? いずれにしても私が眠り、妻が使ひに出て留守であつたのは幸であつた。母がわざわざその時間をえらんだのだつたかも知れないが。
 日暮れ方、母はちよつと家にいなかつた。そしてその時は芭蕉の下の莚の包みもなくなつてゐた。

 次の日から私はまた今までのやうに毎日十五分か二十分あて日あたりのいい庭に出た。黒猫はゐなくなつて、卑屈な奴等だけがのそのそ這ひまわつていた。それはいつになつたらなほるかわからぬ私の病氣のやうに退屈で愚劣だつた。私は今まで以上に彼等を憎みはじめたのである。